幼・小・中の子どもたちの、オリンピック・パラリンピック観戦について

【東京都教育委員会による観戦中止の判断を受け、7/12江戸川区も観戦中止となりました。以下の文章は、7/8のものです。】

ご心配の声がたくさん届いております、幼稚園・小学校・中学校の子どもたちの、オリンピック・パラリンピックへの観戦について、今現在の江戸川区教育委員会の考え方は以下となります。

東京都から今週初めに、
①全校生徒での観戦とのことであったが、
それを1/2にするということと、
②移動は基本、公共交通機関を使うが、小学校低学年については、バスを出すことも調整中、
との通達が来たとのことです。

独自に取りやめている自治体も増えてきていますが、江戸川区教育委員会としては、現在、それら含めて「検討中」とのことです。

江戸川区としては、7/19に予定されていたオリンピック聖火リレーの公道走行の中止(これに伴い、交通規制は実施されません)、第三松江小でのミニセレブレーションも中止するという決定を、7/6には出しました。

緊急事態宣言が出されるであろうということからしても、「無観客」ということは必須ではないかと思いますが、そのことが決まり次第、すべての方向が決まるのだと思われますが、できるなら、区教育委員会独自での決定を、早くにしていただきたいと望みます。

(7/7の文教委員会でのやりとりを小林議員から教えていただき、さらに本日、教育委員会に改めてお聞きをしました。)